new_TATSU130914211875_TP_V

飼い主さんがわんことお散歩しながら学ぶ!「犬を理解する」しつけ教室

4/3(日)に長野運動公園でわんわんウォーキングを

開催しました。



講師にお迎えした山口睦さんは、犬のリラックス学園を主宰しながら、あそんちゅスタイルアドベンチャーズで、白馬・青木湖を中心に大自然の中でアウトドアアクティビティーガイドとしても年間数百頭のワンちゃんと関わっています。

 

 

「わんわんウォーキング」は
他のワンちゃんや飼い主さんたちとリラックスしながら
お散歩することで、
コミュニケーションしながら社会に慣れて行けるようにする
優しいしつけ教室です。

 

そして、わんわんウォーキングの一番の特徴は、

「飼い主さんが学べる」

ということ!

 

「ワンコ達が何故その行動をとっているのか」
を理解する事で、ワンコ達の行動の先回りをして、
間違った行動をしない様に導ける様になります。

 

今回ご参加してくれたワンコは、年齢も犬種も様々で
①お散歩デビューしたばかりの無邪気な子

②ほかのワンコに対して攻撃的になってしまう

③お散歩の時に飼い主さんを無視してグイグイ引っ張る

④お散歩の途中で全く歩かなくなってしまう

⑤家から出るととにかく臆病になってしまう

などなど飼い主さんの悩みも様々・・・です。

 

まずはオリエンテーションから始まります。

new_オリエンテーション
初対面のワンコ同士がケンカにならないように
程良く距離を取って行いました。

 

攻撃性のある子は黄色テープ

攻撃性のない子は白テープ、

その中間の子は灰色テープをリードに巻きます。

 

このテープがある事で、初対面同士の飼い主さんでも
ワンコ同士が挨拶する時に距離を測り易く、
安心して交流する事ができます。

 

準備が整ったら早速、
運動公園内のワンコOKエリアにみんなでお散歩へ出発!

new_歩く
今回ご参加のワンコ達は、
基本的に他のワンコが苦手な子が多く、
歩き始めは吠える子もいたりと
みんなソワソワと落ち着かない様子でしたが・・・

 

new_歩く2
飼い主さん同士も会話をしながら歩いていると、
そのリラックスした空気がワンコ達にも伝わって
次第に落ち着いていました。

 

 

公園内の広いポイントでは足を止めて、ミニミッション!!

【山口さん流リーダーウォーク】
【飼い主さん(リードの引き手)チェンジ】

をしました。

 

一般的なリーダーウォークは、
ワンコがリードの「引きつり」を使いながら
飼い主との付かず離れずの距離を保って歩く
1対1の練習方法ですが、

山口さん流は飼い主の存在を理解してもらう為の練習で、
きつい「引きつり」を使わずに行います。

しかも今回は沢山のワンコがいる中で一斉に行ったり、
飼い主さんのチェンジをすることで

「飼い主」という意識と同時に
「飼い主以外の人間」という意識も生まれるそうです。

new_歩く3
ミニミッションを行いながらみんなでお散歩をしたら
いつの間にかリードをグイグイ引っ張っていた子も、
興奮して吠えていた子も、
リラックスして気分良さそうに歩いていました。!!

 

公園内をお散歩している時も、
山口さんは全てのワンコ達を観察しながら、
それぞれに的確なアドバイスをしてくださったので

集合地点に戻ってきた時には、この距離感!
最初だったら絶対にケンカが始まるであろう至近距離なのに、
和を乱さずにみんな落ち着いて集合できました。

new_集合
 

全ての悩みに共通する解決策は「犬への飼い主の影響力を高めて、犬との信頼関係を築くこと」だと教えて頂きました。

沢山のワンコと一緒に継続的に勉強することで、ワンコ達はどんどん落ち着いて、
どんどん理解していきます。

 

 

次回は4/19(火)13:00~

会場は小布施ハイウェイオアシス内のドッグラン(フリーエリア)です。

たくさんのご参加をお待ちしております!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr