petmotto のすべての投稿

足の悪いわんちゃんでも大丈夫!須坂市のお散歩に良い場所ご紹介!〜老犬にもオススメ!〜

10歳の「ひめ」と、食べるの大好きな「私」です!

長野県在住の私たち。

だいたい、家のまわりや裏山を散歩するのが日課ですが、10歳と言えどもまだまだ元気な「ひめ」をつれてよく行くところがあります。

続きを読む 足の悪いわんちゃんでも大丈夫!須坂市のお散歩に良い場所ご紹介!〜老犬にもオススメ!〜

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

わんこと一緒に絶景紅葉ドライブ!

犬 紅葉 ドライブ 長野
こんにちは!
もうすぐ紅葉の季節ですね。

今日は、昨年の11月にさくら(柴犬 メス 8歳)とドライブに出かけて、
良かった場所をご紹介します!

私の住んでいる長野県駒ケ根市から駒ケ根インターに入り中央高速道を走ること約25分。上伊那郡箕輪町。
伊北インターを降り国道153号線を右に曲がって1つ目の信号を右に曲がりしばらく進むと県道19号線と交わる信号があります。
そこを右へ曲がり県道19号線に沿って走っていくとかなり狭い山道に入っていきます。

もみじ湖への案内看板がありますので、それに従って車を走らせると真っ赤なもみじの木が少しずつ見えてきます。

15分程車を走らせると“もみじ湖”と呼ばれるダム湖に到着。

ダムを右手に見ながらさらに奥へ進むと目の前に一面赤や黄色に色づいたもみじの木がお出迎えしてくれます。
あちこちに無料の広い駐車場があるので入ってみました。
私が入った駐車場は20台程駐車できる所でした。

 

早速さくらと散策を開始~。

 

☆絶景を楽しみながら散策

遊歩道はないので車に気を付けながら歩いていくと、目の前には1万本ともいわれるもみじが出迎えてくれます。

犬 紅葉 ドライブ 長野
周囲の景色を楽しみながらてくてくと歩いて、さくらも散策を楽しんでいる様子。

犬連れの家族ともすれ違い「こんにちは!すごく綺麗ですね」という挨拶がごく自然に交わされ、犬同士も気持ちがいいのか喧嘩する様子もなくしっぽを振りながらすれ違っていきます。

土の上にはもみじのじゅうたん、上を見れば青い空にもみじの赤、黄が重なり合って風にそよいでいます。
絶景を楽しみながら歩くとお腹も空いてきます。私が行ったときは丁度もみじ祭りが開催されていて地元の方々のお店が並んでいました。

焼き芋、農産物、綿あめ等々・・。

おいしそうな焼き芋を1本買ってさくらと分けて食べつつ至福の時間を過ごしました。

気が付くと3時間があっという間に過ぎていました。

この場所は公園として整備されているため、キャンプも出来ます(要役場申込)。
犬とお出かけするには最高のスポットです!

雄大なダムを見ながらお弁当を食べてもよし、寝転んで昼寝をするもよし。
大自然の中で開放感を味わえます。

 

ただ少し不便な面もあります。
それは、トイレの数が少ない事と道が狭いため車のすれ違いが少し大変(軽自動車は大丈夫)です。

行事が無いときは店もない。山へ入る前にコンビニでトイレを済ませたり、お弁当を持参するか買って行くのをおすすめします。
そこのところを押さえながら行くと最高の景色に身も心も癒されます。

 

例年の色づきはじめは10月下旬頃からなので、
ぜひ一度足を運んでみてください。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

あなたペットは大丈夫?今すぐできる熱中症対策!(チェックリスト付き)

ここ数日気温がぐんぐん上昇し、暑~い夏がやってきましたね。
飼い主さんにとっても、わんちゃん・ねこちゃんにとっても厳しい季節。
特に夏バテや熱中症に注意したいですね。
続きを読む あなたペットは大丈夫?今すぐできる熱中症対策!(チェックリスト付き)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

犬の世界にも高齢化が進行中??

000
犬の平均寿命は13.9歳、大型犬より寿命の長い小型犬では、15歳以上も珍しくない時代です。また、7歳以上の犬は50.4%、10歳以上は26.4%を閉めており現在の日本の60歳以上の人口が30%ですから犬の世界でも着々と高齢化が進んでいる様です。

参照:https://www.petwell.jp/report/2013/06/20/1833
ところで、犬の[高齢]は何歳から?
人間の場合、高齢者と定める年齢は医療制度を参考にすると65歳以上となっており、これを基準として他の統計や社会制度も高齢者を65歳以上と定義しています。これを犬に当てはめると、個人差はありますが小型犬・中型犬の場合で11〜12年目、大型犬で8〜9年目辺りが高齢者の仲間入りと言うことになります。
参照:http://inulog.net/rouken/16.html
その他こんなことが気になったら・・・

被毛が薄くなってない?
長毛種、短毛種と犬種によって毛並みは様々ですけど、老犬になると毛づやが悪くなったり、地肌が見えるようになったり・・・

鼻の頭が白くなってない?
「なんか小ジワが増えてきた」「あら!白髪発見」「ソバカスが気になって」など、人間の場合と同じように、高齢犬や老犬も顔周辺に現れやすくなります。
『ヒゲの色が変わってきた』『鼻の頭の色が薄くなった』など高齢犬・老犬になってきている証拠です。

ハリや潤いがないよね?
人間も40才を過ぎたら、やたらめったら気になるのが顔のハリや潤い。
犬の場合も、肉球が固くなってひび割れてきたり、体全体を触ってゴワゴワと
感じるようになったら・・・

目の色が違ってない?
もともと犬は近眼で遠くのものはぼんやりと見えているだけ。獲物や興味のあるものへの動体視力は抜群で、そのものにピントを瞬時に合わせる能力が優れています。でも、そのピントが合わずにモノを追えなくなった場合、高齢犬・老犬になってきている証拠です。

散歩の仕方が変わってない?
「散歩が大好き!」っていう犬は多いですよね。
飼い主が導かないといつまでも家路に着かないなんてこともあるくらい。
そんなある日、散歩を早めに切り上げたり、すぐに座ってしまって歩きたがらないなんてことがあれば、病気でない限り、高齢犬・老犬になってきている証拠です。

毎日のように一緒に暮らしていると、
気がつかないことでも、ある日、ふと気がつく瞬間がやってくるものです。
それが高齢犬・老犬になってきている証拠です。
参照:http://monjirou.blog.shinobi.jp/Entry/3/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr