featured

捨てられた犬・猫が里親と掴んだ“幸せ”Before→After

人間の勝手な都合で捨てられる犬猫は国内で年間およそ18万頭。
そのうち15万頭もの小さくとも尊い命が奪われ続けています。



ペットは流行やファッションではなく、大切な命。
新しく“買う”のではなく、“救って”みませんか?

今回は捨てられて心も身体も傷つきながら、里親との“出会い”で幸せを掴んだ世界中の犬・猫たちをご紹介します!

画像1

出典: http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2143418013990368703
飼育放棄され、ケアもされず毛玉だらけだったこの子。
保護され見違えるほどキレイになって満面の笑み。

画像2
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2143418023490535103
ガリガリに痩せて骨と皮だけでしたが、新しい飼い主さんと出会い1年でここまで回復しました。

画像3
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2142778417085153403
野良猫として生き、傷だらけだったこの猫も、見違えるように美しく生まれ変わりました。

画像4
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2142778413585122203
毛玉だらけで弱った状態で発見。見事に回復しました!

画像5
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2142262424558971103
保護されたときの悲しい顔と、幸せを掴んだ後の表情の違い!
キラキラ輝いています。

画像6
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2142262424558969703
ガリガリに痩せ細った状態で保護されました。
回復後の姿はとっても凛々しく美しいですね。

画像7
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2142751949857848303
車のボンネットの中で寒さを凌いでいて、エンジンの回転によって大けがをしたこの子。
片耳は失いましたが、すっかり元気になりました。

画像8
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2142262424558972403
画像9
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142261875952926801/2142262424558972603
ガリガリで重度の皮膚病を患った状態で発見・保護されましたが、見事な毛並みと笑顔を取り戻しました。

いかがでしたか?

保護される前と後とでは表情が全く違いますね。

しかし、この子たちは幸せを掴むことができた幸運な子たちです。

暗く悲しい表情のまま、奪われた命の方がはるかに多いことを忘れてはいけません。

里親として迎え入れた子たちのように、捨て犬や捨て猫たちの輝く笑顔を取り戻すことは、あなたにもできます。

どうか新しく家族を迎える際には、“救う”ことも考えてみて欲しいと思います。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr